上部内視鏡検査

  • HOME »
  • 上部内視鏡検査

上部内視鏡検査について

胃カメラとも言います

内視鏡で食道〜胃〜十二指腸の内部を直接観察する検査です。
病変部から組織を採取し、細胞像を調べることもできます。
高解像度をもつ最新鋭の電子内視鏡(直径が約5mmと非常に細いものを使うため、苦痛を伴いません)を用い、短時間(約5分)で検査をします。

当院では苦痛の少ない鎮静剤を用いて検査を実施しています。
又、局所麻酔併用しカメラの喉を通過する時の痛み不快感の軽減に努めます。
苦痛不快感の少ない分食道から十二指腸部位までじっくりと検査が可能です。検査当日に感染症の有無を血液検査にて調べさせて頂きます、内視鏡自体は毎検査毎に消毒されていますが、必要な検査になります。

検査の流れ

午前中の検査の場合、朝から絶食してください。また普段服用している薬の服用の可否は予めスタッフにお問い合わせ下さい。
ただし、検査1時間前までは透明な水分(お茶やお水、ポカリスエットなど)なら、少量に限りお飲み頂いても結構です。

料金について

もちろん健康保険の対象で、保険診療3割負担の方で検査料のみでは4,000円くらいです。ただし、確定診断のために組織を採取(生検)した場合、別途費用がかかります。その他初診料や血液検査、お薬が処方される可能性ものありますので予めご留意下さい。

Copyright © 医療法人 永松医院 All Rights Reserved.